FC2ブログ
アマチュア無線局「JL8LGW」の業務日誌(WEB版)
日本国内のアマチュア無線局数が、公開されている総務省のデータベース「無線局等情報検索」によると、2月28日夜に行われたデータ更新の結果、399,859局となったとのこと。

以下が hamlife.jpの該当記事
<ついに40万局割れ! 総務省の最新データベース>無線局等情報検索(3月2日時点)

JL8LGWを開局した平成17年3月の末時点では、599,425局だったのでこの15年で20万局減少したことになります。
この15年の推移は、

2005年3月末: 599,425局
2006年3月末: 555,351局(-44,074)
2007年3月末: 528,288局(-27,063)
2008年3月末: 508,238局(-20,050)
2009年3月末: 489,256局(-18,982) 
2010年3月末: 470,846局(-18,410) 
2011年3月末: 453,320局(-17,526)
2012年3月末: 442,777局(-10,543)
2013年3月末: 435,644局(-7,133)
2014年3月末: 436,187局(+543)
2015年3月末: 435,581局(-606)
2016年3月末: 436,389局(+808)
2017年3月末: 433,996局(-2,393)
2018年3月末: 427,070局(-6,926)
2019年3月末: 412,667局(-14,403)
2020年2月末: 399,859局(-12,808)

平成の最初の頃は、100万局以上、ピーク時は130万局を超えていた局数が40万局を切りました。
平成の中間地点で既にピーク時の半分以下になっていたことを考えると、減少率は鈍化してます。平成25年度末には微増に転じています。これは東日本大震災後の災害に強いアマチュア無線、リタイヤ後の趣味にアマチュア無線、再開局ブームといった流れによるものでしょうか。数年その傾向が続いていましたが、ここ2年はまた減少数が多くなっています。
年齢構成比を考えると、この先は一気に加速していくのではないでしょうか。

北海道では若い世代が少ないと2005年の開局時から感じていて、中学生が出てこようものなら色々と世話を焼きたくなったものです。しかし、愛知の方では若いハムがそれなりに居て驚きました。息子世代の10代の若者と無線を通じて交流したことは良い刺激になりました。KANHAMやハムフェアでも多くの若者を見かけます。彼らが今後もアマチュア無線を続けたいと思えるような環境を作って(残して)あげたいものです。

JARLは若者に見限られるような組織であってはいけないと思います。

アマチュア局数はアマチュア人口とは違います。一人で複数の局を持っているケースがあるからです。
移動局と固定局だったり、2エリアと6エリアだったり。
私も移動局、固定局、2エリア局と3局の個人局があります。そのうち2エリアの局は、2020年3月6日で失効します。(日付変わったので今日ですね)
しかし、従事者免許数では測れないのでもっとも現実に近い数値が局数になるんでしょうね。

今年から増加傾向へ! とまでは行けないけれど、少しでも減少を鈍化できるよう大きな組織に頼らず身近なところから啓蒙していく必要があると思います。皆さんもご協力お願いします。

スポンサーサイト




【2020/03/06 00:30】 | 無線
トラックバック(0) |

応援
ja8fhm
JARLには全く無関心でDXDXに明け暮れした50年、
転勤で回り回って退職にたどり着いたら少し息切れしてましたがDX熱は冷めず。
少しはローカルにも目を向けようと最近2mにも出てます。
応援してますよ。JH8CBH共々頑張って下さい。

ありがとうございます。
JL8LGW
DR JA8FHM
コメントありがとうございます。
JARLに対する思いは人それぞれ、運用スタイルや活動内容により違っていて当然です。QSLカード交換しないから入会しないと言う団体ては無いのですが、そういう認識の方が多いのも事実です。
各局がJARLに求めているものは何なのか、それはJARLに望むべきことなのか、それぞれが出来ることはないのか。個人レベルで出来ること、組織力が必要なことなど整理し、社員総会で意見を発して行きたいと思います。

ご支援よろしくお願いいたします。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
応援
JARLには全く無関心でDXDXに明け暮れした50年、
転勤で回り回って退職にたどり着いたら少し息切れしてましたがDX熱は冷めず。
少しはローカルにも目を向けようと最近2mにも出てます。
応援してますよ。JH8CBH共々頑張って下さい。
2020/03/06(Fri) 07:22 | URL  | ja8fhm #-[ 編集]
ありがとうございます。
DR JA8FHM
コメントありがとうございます。
JARLに対する思いは人それぞれ、運用スタイルや活動内容により違っていて当然です。QSLカード交換しないから入会しないと言う団体ては無いのですが、そういう認識の方が多いのも事実です。
各局がJARLに求めているものは何なのか、それはJARLに望むべきことなのか、それぞれが出来ることはないのか。個人レベルで出来ること、組織力が必要なことなど整理し、社員総会で意見を発して行きたいと思います。

ご支援よろしくお願いいたします。
2020/03/06(Fri) 12:55 | URL  | JL8LGW #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック