アマチュア無線局「JL8LGW」の業務日誌(WEB版)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普段はTM-D710(JL8LGW-9)での運用ですが、免許申請中のローカルが使用予定のTT(MadeByJR8OXT)をJL8LGW-12でテスト中です。
D710のDATA端子に接続し、内蔵TNCとの同時運用中です。これは状況比較するには最適でした(^^; ほんとは同じルートをもう一台に同時に走行してもらうのがBESTなんですが、1人でやるにはこれがgoodです。

なぜか自宅のiGATE(softwareTNC)では直接デコードする事がほとんどなく、JE8HLA-3または遠くはJA8ZDO-3などでしかデジされない状況でした。初期設定が悪いかった・・・のは反省していますが、右も左も判らずに使い始めましたので、チンプンカンプン(笑)。
設定弄っていたらまったくどこにもデジされなくなったり(笑)。ボリューム調整してもダメで、「壊したぁ~(T_T)」と思いました。が、よく見るとラインが1本切れてましてハンダ付して修正。
その後もHARD的な部分の調整するが変わらず・・・・ SOFT設定がやはり問題ということでTXDやCalibrationの設定を変更。同時にHARD側の音量ボリュームを調整し自宅でのデコードされるようにやっとなりました。帰宅後に時間がなかなか取れず時間ばかりが過ぎていましたが、これで良い感じに軌跡が表示されるようになりました。 ローカルに渡すまでに時間の設定(送信間隔)を見直して最適化したいと思います。

同時運用してみて、D710よりもTT(smartbeaconing on)の方が送信タイミングなど良いなぁと思います。ただ、細々した道に入ると頻繁に送信しすぎますけどね。 D710もファームアップ等でsmartbeaconing対応にならないものでしょうかね?

スポンサーサイト

【2008/02/12 23:30】 | APRS
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。